--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/11/13 (Fri) 身の上ばなし 秋は物思い

こんにちは、ピーです。
十一月になって札幌では雪が降りました。
どんどん寒くなっているところで、時々、暖房が入っています。

20091113.jpg

わたしは毛皮を冬モードにして対応しているところですけどね。
家の者♂は失礼です。
「冬毛じゃない、もこもこしているのは、食べ過ぎるからだ~」ってわたしを指さして言うんです。
あんまりだと思いませんか。
自分だって、お腹に肉つけて冬モードになってるくせに。

スポンサーサイト

身の上ばなし | comment(0) |


2009/06/06 (Sat) 身の上ばなし ダメの日

この間、お客さんの日がありました。
 そんで、お客さんの日はダメの日なのです。

まず、黒い服を着た人たちです。
仲良くしてあげようと思ったら、家の人が叫びました。
「だめー、ピーちゃんを近づけないでー」
私の毛がなんだって言うんでしょう。
コロコロかければ、取れるのに。
ほんと、家の人は大げさなんですから。

次に、黄色いトラックの人が来ました。
飼主が箱詰めした本を取りに来たのです。
邪魔なダンボールがなくなるのを、私もキャリー入りで見物していました。
箱がなくなったところで、トラックの人と、目が合いました。
その人はにこりとして言いました。
「コレも持って行って良いですかー?」
「ダメですよー、コレだけは絶対~」
飼主も笑っていました。

夜になって、またお客さんです。
その人んちには猫がいます。
首輪をした写真を見せてもらって、飼主が思いつきました。
「首輪、もらってくれない?
Mサイズの首輪なんだけど、ピーがLサイズになっちゃったから、ダメなの」
首輪を食べないでしているだけなんて、変わった猫ですね。
そんな猫がいるなんて、とても、信じられません。

20090606.jpg

そうそう、右目の下の傷、よくなったんですよ。もうわからないでしょ。

身の上ばなし | comment(2) |


2009/05/12 (Tue) 身の上ばなし 脱出

飼主がさぼっているので、わたしからお話ししましょう。

数日前のことです。
わたしはキャリー入りで庭に出て、外を見ていたのです。
このキャリーの小窓は、頭と足一本までは出るのですが、それ以上は出ません。
鳥や虫を見ながら、わたしはのんきに日なたぼっこをしていました。
庭では家の人が花の手入れをしていたので、心細い思いもしませんでした。

2009051005.jpg

ちょっとたってから、家の人が庭の仕事を終わらせて、わたしを家の中に連れて行ってくれたんですけど、わたしは、もうちょっと出ていたかったんです。
「もうちょっといようよ」と家の人にねだったんです。
飼主もいました。
「しようがないなあ。出してあげるよ」
飼主はぶつくさ言いながら、わたしをキャリーごと、わたしを窓から露台の上に出すと、ぴしゃっと窓を閉めてしまったのです。

わたしは、一人でいるのが嫌いなんです。
飼主だって、よーくわかっています。
ちょっとならいいんですけど。
長い時間は、いやです。
特に、外には、カラスやスズメやよそのネコがいるんです。
五分たちました。
スズメがわたしに気づいて高い声を出しはじめました。
「ネコだ、ネコだ、気をつけろ」
仲間同士で大騒ぎしてます。
どうってことはないけど、うるさいです。
二羽三羽と集まってきて、近くを飛びながら騒ぐんですもの。
また五分たちました。
カラスが飛んできて、電線の上からわたしを見下ろしています。
「オレ、ネコの目玉が好物なんだ」
そんないやがらせを言うカラスです。
「ネコの目玉を、オレは今までに九十九個食べたんだ。オマエので百個目だ」
嘘に決まっています。
そんなに、ネコを襲っているのに、無傷で済んでるなんてことないですもん。
お向かいのカールにも同じこと言ったらしいですけど、口ばっかりでなにもしなかったって言います。
ええ、嘘ですよ。
多分…
…えーと、きっと…。
カラスなんて、たいてい口ばっかりです。
でも、嘘かどうかなんて、本当は興味ないです。
カラスと喧嘩する気なんて、ないですもん。
時間はたちます。
カラスもスズメもいます。
うるさいです。
飼主も家の人も出てきません。
時間、どれくらいたったんでしょう。
もう、みんな、わたしのこと忘れて、ほうっぽりだしているんじゃないでしょうか。

だんだん、腹が立ってきました。
わたしは小窓から顔をつきだしました。
右の前足も一緒に出して、ふんばりました。
左の前足を出せばするっと、体が抜けるはずなんです。
ちょっと無理っぽいけど…がんばれば、どうにかなるに決まっています。
キャリーが、傾きました。
右に体重をかけたんで、ぐらっと左へ。
壁が床になって、床が壁になりました。
それから、また、床が壁になって、壁が床になって、露台の上からキャリーが、地面に落ちていきました。
あぶない、と思いました。
わたしは、キャリーの中に体をひっこめ、丸まりました。
すとん。
重力にひかれて、わたしの体ははねあがり、床の上にまた、落ちました。
今度の床は、元は天井だったところです。
扉もあります。
扉の小窓もあります。
プラスチックの外開きの小窓を押すと、外に開きました。
わたしの胸よりも低い場所が出口です。

小窓からは、頭と前足一本しか出ません。
床が床だったときは、です。
小窓は、わたしの胸よりも高いところにあるんで、体をひっぱりあげないと、いけません。
でも、小窓が低いところにあるときは、別です。
うんと、体を低くして、足を横に広げて平べったくなれば、けっこう狭いところでも通れるのです。
「ネコだネコだネコだ」
「目玉だ目玉だ目玉だ」
カラスとスズメが騒ぐ中、わたしは小窓を通り抜けました。
それから、家の玄関に向かって、走ったんです。
肉球が砂利を踏んづけて走りにくかったですけど、そのときは、気になりませんでした。

風除室のガラス戸は閉じていました。
ふだん、内側から、わたしは外を見ているんですけど、今度は外から内側を見る羽目になったんです。
コンクリートのコロコロ床も見えます。
暑いときは、抜け毛をとるのに、転げまわるんです。
わたしがのってる窓枠も見えます。
でも、ドアは閉じています。
ここでどうするか。
もちろん、あきらめません。
ドアをにらんでいれば、開くに決まっているんです。
ほら。
家の中から音がします。
誰かが、サンダルをはいて、玄関のタイルの上に降りた音です。
それから、玄関のドアを開けて、風除室に出て…。
わたしを見て、叫ぶんです。

「あらー、ピーちゃん、そっくりの猫」

家の人がドアを開けたとたん、わたしは家の中に走りこみました。
水とご飯とトイレのある家の中へ。
わたしがカリカリを食べているのを、飼主がぼーぜんと見ています。
「どしたの、ピー。キャリーは?」
もちろん、キャリーは飼主が拾いに行きました。

2009051101.jpg

こうして、自分で戻ってこられたわたしですが、お気づきでしょうか。
右目の下に、小さなすり傷を作ったのです。
無理矢理出てくるときに、キャリーのどこかですったんですからね。
間違っても、カラスだのスズメだのにやられたんじゃないですからね。
そこんとこ、覚えておいてください。

身の上ばなし | comment(0) |


2009/04/07 (Tue) 身の上ばなし 藪の中。

(猫)
今朝、飼主がこんなのを玄関にはっちゃいました。

2009040701.jpg

あんまりだと思いませんか。
「ネコが靴ヒモを食べます」だなんて、
まるで、わたしが、靴ヒモを食べるみたいじゃないですか。
はずかしくて、お客さんに挨拶できません。

2009040702.jpg

(家の人♀)
昨日、近くの内科に行ったときです。
玄関で靴をぬぐと、靴ヒモの切れ端が落ちていたのです。
ずいぶんとだらしない人がいるなと思い、かがみこんで拾おうとしました。
そうしたら、自分の靴が目に入ったのです。
…靴ヒモがぼろぼろになった…。

2009040703.jpg

(飼主)
昨日、ピーが便秘になりました。
かたいウンチをちょこっとしたっきり、後は出ないのです。
ちょこっとウンチの芯には、靴ヒモの切れ端が入っていました…。
正直、マズイと思いました。
腸に詰まった変なモンのせいで、外科手術されることだってあるのです。
ビオフェルミンを飲ませたり、お腹マッサージをしたり、オリーブオイルをなめさせたりして、様子を見ました。
幸い、今朝は、ピーに便通があり、ヒモの残りも出たので、ほんっと、ほっとしました。
私は靴ヒモを食べたピーよりも、食べられる靴ヒモを出しておいた家の人に腹を立てたのですが…。
なんということでしょう。
…私の靴のヒモも…ぷっつりと…。

2009040704.jpg


オマケ(靴ヒモを食べた猫の便秘の解消方法)↓

身の上ばなし | comment(0) |


2008/12/07 (Sun) 身の上ばなし フキゲン

フキゲンなんです、わたし。

2008120701.jpg

ニンゲンたちがみんなでリビングのカーペットをはがしちゃうし、
わたしには手伝わせてくれないし、

2008120702.jpg

部屋に閉じこめられちゃうし、

2008120703.jpg

それも、二時間もですよ、信じられません。

2008120704.jpg

ふん。
もう、面倒見てあげないんだから、覚えてなさい。


撮影・家の者♂。
「オレの写真は巧いなあ」って言ってますが、右から左へ受け流しときます。

身の上ばなし | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

ararato&P

Author:ararato&P
本名ピピ、略称ピー。チビの頃「ピー」としか鳴かなかったんで定着。サバトラの♀、多分2005年6月生まれ。管理人宛メールフォーム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。